ココロに問題はある?セルフチェックしてみませんか?

こんにちは。MASAです。

 

『せいたいや。アレンジ』はカラダとココロの両面から幸せへ導きます。

 

カラダを診ることで改善できれば、それはとても素晴らしいことです。

 

しかし、中にはカラダを診るだけでは取りきれない症状というものもあります。

 

それは、ココロの問題です。

 

ストレスやトラウマ、など様々なココロの状態により、カラダは痛みや不具合を発生させ、不調をきたします。

 

あなたはストレスやトラウマ、仕事のことや家庭のこと、人間関係などココロの問題はお持ちでしょうか?

 

ご自分でハッキリわかる方もいれば、なんとなくあるのかなぁという方もいらっしゃるのかもしれません。

 

実は、ココロとカラダはものすごく繋がっていて、ココロの状態はカラダへと反応します。

 

そして、ココロに問題があるかどうか、簡単に自分でチェックすることができます。

 

今回は、自分でココロの問題があるかどうかのセルフチェックの仕方についてご紹介していきたいと思います。

 

 

ココロの問題セルフチェック

 

1:なんでも構いませんので、持った時に少し重たいなと感じる”重り”をご用意してください。

500gぐらいの重さで十分です。

(500gのダンベルや500mlのペットボトル等)

 

持ち方はこちらをご参照ください。
↓   ↓   ↓

 

グッと強く握らずに、力を抜いて軽く持ちます。

まっすぐの水平より少し下に降ろした位置でキープ。このキープした状態での変化を確認していきます。

 

立ったままでも、座っていただいても構いません。

持つ手は右手、左手どちらでも持ちやすい方で構いません。

 

それでは、やってみましょう。

 

 

①目をつぶって、自分が最高に幸せだなと思う瞬間をイメージしてください。

「楽しい」「ワクワクする」「癒される」「幸せ」といった光景を目をつぶってイメージしてください。

何かをしている・誰かと一緒にいる・どこかに行っているなど何でも構いません。

 

頭の中を『幸せ』でいっぱいにしてください。

 

そして、目をつぶったまま、用意した”重り”を持ってその重さ、重力を感じてください。

 

その重さをだいたいこれぐらいかなと覚えておいてください。

あと、その重りを持った手が下がっていくかいかないか。

 

では、一度その重りを置いて、

 

次に、

 

②目をつぶって、自分が『イヤ』に感じることをイメージしてください。

これを思い出すと、考えると、

「イライラする」「さみしい」「悲しい」「辛い」「憎い」など・・

 

自分がストレスを感じる場面をいかにもそこに自分いるかのように想像する。

何かをしている・嫌いな人や、苦手な人と一緒にいるところをイメージする。など何でも構いません。

 

頭の中を『イヤ』でいっぱいにしてください。

 

そして、用意した”重り”を持ってその重さ、重力を感じてください。

 

 

 

いかがでしょうか?

 

重さ、感じる重力は①の幸せを感じている時と比べて軽いでしょうか?重いでしょうか?

 

重りを持った手は下がっていくでしょうか。

 

 

『イヤ』をイメージして持った時のほうが『重たく感じた・手が下がっていく』なら、

 

あなたの中に、そのイメージしたココロの問題やストレスなどが少なからずある。ということです。

 

 

それは、仕事・家族・経済・人間関係・健康・将来などに対するストレスや不満、各種恐怖症など抱えているものは、どんな大きさや種類なのかはそのご本人にしかわかりません。

 

 

カラダが健康なのも大切。

 

ココロも健康なのも大切。

 

どちらも健康で初めて本当の健康な状態と言えます。

 

ココロの問題があったり、ストレスを感じると、カラダは本来のパフォーマンスを発揮できません。

 

ココロとカラダは繋がっていて、素直に連動しています。

 

人によってこれまでの経験で培ったものや持っている感情もそれぞれです。同じものはひとつとしてありません。

 

そして、タケノコの皮のように様々なココロとカラダの原因が幾重にも重なり、症状として表面に表れています。

 

だからこそ、ひとりひとりにアレンジする施術が必要です。

 

上記の実験をぜひやってみてください。自分にやっても良いし、人にやって見てもおもしろいですよ^^。

 

もし何か、聞いてみたいことなどございましたら、ご遠慮なくお問い合わせページ、または公式ラインよりご連絡くださいね。

 

それではまた!

いいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です