モチベーションを下げない2つのメニュー

たとえば、仕事・勉強・恋愛など、

 

 

何かをしている時に、

 

 

モチベーションが下がることってありますよね?

 

 

やった方がいいんだけど、なんだか気が乗らないな・・・

 

 

なんだかやる気が出ない・・・

 

 

ありますあります。私もぜんぜんあります。

 

 

 

 

と、ここで、モチベーションの意味なのですが、

 

 

モチベーションというのは、

 

 

多くの方が「やる気」と

 

 

思われていることが多いのですが、

 

 

実は、モチベーションとは「動機(どうき)」です。

 

 

『モチベーション≠やる気』

『モチベーション=動機』

 

 

ちなみに、

動機とは・・・

人が行動を起こしたり、決意したりする時の直接の(心理的な)原因・きっかけまたは目的。

                         大辞林 第三版より

とあります。

 

 

簡単にいうと、その行動に対する「やる理由」ですね。

 

 

 

とまあ正直個人的に、元は「きっかけ」ですが、

 

 

それが「やる理由」に繋がるので、

 

 

近い親戚のような捉え方をしておりますが^^。

 

 

 

 

 

誰であろうと、どんな人であろうと、モチベーションが下がることはあります。

 

 

ですが、自分自身を責めたりはしないでくださいね!

 

 

「あ〜ダメだなぁ、俺って(私って)なんでこうなんだろう・・・。」

 

 

 

いいんですよ。そんなの誰にでもあることなので。

 

 

あなたは何も悪くありませんよ。

 

 

ただ、自分のモチベーションが下がっただけなので。

 

 

下がったら下がったで、また戻せばいいだけのことなのです。

 

 

 

 

 

 

今回は、モチベーションを下げない2つのヒントというテーマなのですが、

 

 

実際は、あなたが「自分自身で気づく」という心構えを持った視点でご覧いただきたいと思います。

 

 

周りの意見やアドバイスで、モチベーションを上げることも可能ですが、

 

 

実際は、そういった周りの意見などを聞いて感じて、

 

 

「よしっ!やるぞ!」って、

 

 

自分のモチベーションを上げるのは結局、自分ですからね。

 

 

周りにモチベーションを上げてもらうのもひとつ。

 

 

私は、何より自分で自分をコントロールできればそれが一番いいと思います。

 

 

 

 

では、そろそろ参りましょうか。

 

『〜モチベーションを下げない2つのメニュー〜』

 

紙とペンをご用意ください。

スマホやパソコンのメモアプリなどでも悪くはないですが、

できれば、紙とペンがいいです。

そして、黒色ではなく「青色」のペンがいいです。

青色の方が潜在意識に入りやすく、視覚的に自分の中に入りやすいと言われています。

 

 

これは、達成したい目標や、やりたいことがあって、

 

それに向かって何か行動をしていて、モチベーションが下がった時に、

 

「なぜ今こうゆうことをしているのか?」

 

「それを続けることでどうなるのか?」

 

ということを感じながら行ってください。

 

 

 

 

メニュー①

「自分にどういった価値が得られるのか」を書き出してください。

 

〜思いつくままにどんどん書いてください。〜

 

 

メニュー②

「達成できなかったら自分はどうなるのか?」を書き出してください。

 

〜思いつくままにどんどん書いてください。〜

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「こうゆう自分になっていたい」

 

「こんな自分になりたくない」

 

 

 

これがあなたの「モチベーション(やる理由)」です。

 

 

あなただけの「モチベーション(やる理由)」です。

 

 

この自分が書いたモチベーション(やる理由)を大切にするのです。

 

 

 

私も同じことをしているのですが、

 

 

できれば、この書いた紙を財布に入れておいて、

 

 

やる気が出ない時に、見てください。

 

 

一瞬で自身を取り戻すことができます。

 

 

 

書くことは本当におすすめです。

 

書く習慣をつけて、客観視することでハッキリしたモチベーションを確認することができます。

 

 

 

 

 

そして、書き出しておくことで振り返ることができます。

 

 

こうやって振り返ることで、

 

 

自分は、「何のために何をしているのか。」

 

 

ということに気づくことで、再度モチベーションを保つことができます。

 

 

自分のモチベーションを自分でコントロールして、

 

 

行きたい場所に向かって日々進んで行きましょう!!

 

 

いいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です