やりたいことを見つけるにはどうしたらいいのか

探そうとしても見つかりません。

 

 

探そうとしている時は見つかりません。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

いきなりですいません。

 

でもこれは本当のことです。

 

やりたいことは探そうとして見つかるものではありません。

 

 

というかはっきり言うと、

 

あなたの目の前にやりたいことってもう転がっています。

 

そう、あなたの目の前にもうあります。

 

というか実は、あなたはもうすでにやりたいことをやっています。

 

そして、もうあなたはどこかでそれに気付いています。

 

 

 

 

ただ、自分の中の今の自分の捉え方でそれが見えなくなっています。

 

自分の中の自己評価がそうしています。

 

自己評価が低い状態だと、

 

目の前にある自分がやりたいことに気付いていないか、見えなくなっているだけなのです。

 

 

 

もう少し砕いて言うと、

 

そもそも、そのあなたがやりたいことが、

 

自分で「できる」というより、

 

「できるかどうかわからないし、失敗するかもしれないから」という、

 

あなたの中のネガティブな捉え方により、

 

 

「自分ならできる!」・「よしやろう!」となるまでに至っていないだけ。

 

 

 

もしかしたら、

 

あなたは今、やりたいことを探し続けていませんか?

 

あれもいいな、これもいいな、あの人がやっていることも楽しそうだな・・・

 

色々と考えれば考えるほど、

 

結局何も決まらず、手につかず、結果やりたいことが見つからない。

 

 

これ本当によくわかります。私もまったく同じでしたから。

 

 

そして、私の出会う人で「やりたいことがわからない」と言っている人は、

 

全員(私含め)といっていいほどこのループを経験しています。汗・・・

 

 

 

周りや他人がどうとかではないんです。

 

自分です。

 

自分のことを決めるのは、結局自分。

 

 

 

 

では、どうすればいいのか?

 

 

 

あなたがやりたいことに気づくためには

 

自分はできる!と”自分の評価をあげること”。

 

自分に自信を持ってください”。

 

今は、あなたの心の奥にやりたいことが”眠っているだけ”の状態です。

 

 

 

毎日、毎シーン、毎出来事。

 

100%でなくてぜんぜんいいです。

 

何もとらわれない、ただ素直にあなたがやりたいと感じること、なんでもいいんです。

 

「これをやろう」と思ったことをまずやってみてください。

 

 

もし考えてもすぐでてこなかったら、

 

「もともと好きだったもの」「昔好きだったもの」「ついついやってしまっていること」

 

何でもいいです。

 

他の障害などは考えずに、

 

5分でもいいからやれっていわれたらやりたいことってなんだろう?

 

ということをいくつでも紙に書き出してみてください。

 

 

特に観たいものがないのに、ただテレビをなんとなくつけるではなく、

 

その紙に書いた自分がやりたいことリストを

 

今日はこれ、今日はこれというふうに、

 

1日5分でもいいのでやってみてください。

 

できればやってて純粋に楽しいと感じられることが良いです。

 

楽しいと感じないことは、自分にとってこれは楽しいことではないんだなと自覚する。

 

まずやってみることが大切です。

これ本当に大切。

 

 

やっていると、

 

知らず知らずの間に自分に正直になっていきます。

 

 

ふとある時に、「自分がやりたいことをやっている」ことに気づきます。

 

そして、「やりたいことがやれていなかった」ことに気づきます。

 

 

今やりたいことが見つからないと思っている人には、

 

まだ「ピン」ときていないかもしれません。

 

しかし、自分のやりたいことをやっている人は、

 

この記事を見て「わかる!」と共感いただけるでしょう。

 

 

やりたいことは、「探す」ではありません。

 

目の前にあるやりたいことに、「気づく」だけです。

 

絶対にあります。自分の目の前の手の届いている範囲内に。

 

 

いいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。