すいませんの口癖

’’すいません’’って言葉、知らない間に多用していたりしませんか?

 

 

 

自分が落とした何かを拾ってもらった時、「あ、すいません。」

 

狭い道で、道幅を譲ってもらった時、「どうも、すいません。」

 

飲食店で、店員さんが料理やドリンクを持ってきてくれた時、「すいません。」

 

エレベーターで’’開’’のボタンを押してもらって待ってもらった時、「はっ!すいません。」

 

はたまた、「何階ですか?」聞かれ、「3階です、すいません。」・・・

 

 

 

私自身、以前に自然と「すいません。」を使っていることに気がついたんですよね。

 

 

 

 

 

まあそこまで悪いことではない、とは思うのですが、

 

よくよく考えてみると、上記のような状況って、

 

’’すいません’’というよりも、どちらかというと’’ありがとう’’だと感じたのです。

 

 

 

 

 

 

そして、逆の立場、つまり言われる側になってみると、’’ありがとう’’のほうが、心地よいと思うんです。

 

 

 

そして、’’ありがとう’’を伝える側も。

 

 

 

自分が落とした何かを拾ってもらった時、「あ!ありがとうございます。助かります。」

 

狭い道で、道幅を譲ってもらった時、「どうもありがとうございます。」ニコっ。

 

飲食店で、店員さんが料理やドリンクを持ってきてくれた時、「ありがとうございます。いただきます。」

 

エレベーターで’’開’’のボタンを押してもらって待ってもらった時、「はっ!ありがとうございます。」

 

はたまた、「何階ですか?」聞かれ、「ありがとうございます。3階です。」

 

 

・・・。

 

 

 

すいませんと言われるより、ありがとうと言われた方が気持ちがいいし、

 

なんだかその場の空気感がやわらぎます。

 

そして、心がほんわかします。

 

そんな力を持っているんですよね’’ありがとう’’って。

 

 

 

 

 

もちろん謝る時は、’’すいません’’ですが、

 

 

’’ありがとうの気持ちがある、すいません’’を伝えるなら、

 

 

少々こっぱずかしい時もあるかもしれませんが、

 

 

素直に、「ありがとう。」って言ってみるのもいいかもしれませんね。

 

いいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です