60の捉え方

 

今回は、物事の捉え方についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

例えば、自分が何か学んだり、吸収したり何かのサービスを受けたりした時、

 

 

こんなに学べた!とか、こんなに吸収できた!こんな良い体験ができた!という人と、

 

 

これだけしか学べなかった、これだけしかないのか。という人。

 

 

 

 

まったく同じことをやっていても、人によって受け取り方は違います。

 

 

 

 

ちょっと違う表現で言うと、

 

 

100の体験があったとしましょう。

 

 

100のうち、60の体験を受けたとする。

 

 

 

 

その時に、

 

『60”も”あった』と捉えるのか、

 

『60”しか”なかった』と捉えるのか。

 

 

 

この60しかなかった。という後者の場合、すぐに100を求めるのではなく、60あることがどんなにありがたく、素晴らしいことかに注目することが大切です。

 

 

 

”60しかない”、ではなく”60ある”にフォーカスするということですね。

 

 

 

 

”ある”にフォーカスしている人は、吸収力もあり、伸び率がすごく結果も出やすい。

 

 

逆に、

 

 

”ない”にフォーカスしている人は、目の前にあるものは同じなのに、

 

常にないものを追いかけている状態のため、視野がどうしても狭くなってしまいます。

 

そのため、何かしらのきっかけや、チャンスをスルーして気づいていないということも少なくありません。

 

 

 

 

 

 

つまり、

 

 

あれが『ない』、これが『ない』ではなくて、

 

 

あれも『ある』、これも『ある』。よし!これをどう活かしてやろうか!

 

 

という姿勢が大切に思います。

 

 

 

そこから、新しいものが見え、新しいものが生まれます。

 

 

 

 

やってみてください。体感してみてください。

 

 

少しの捉え方で、現実は変わります。

 

 

事実よりも捉え方。

 

 

いつからでもこの瞬間からでも、現実を変えることが可能なんだと実感。

 

 

今日も”ある”素敵な良い1日にしましょう!

 

 

いいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。