嫌なことが起きた日は良いことで塗り替える

日々生きていると良いことも起これば嫌なことも起こります

 

うまくいく時もあればそうでない時もあります

 

人生それぞれの波というものがあります

 

 

 

 

・遅刻してしまった

 

・仕事でミスをしてしまった

 

・家族やパートナーと喧嘩した

 

・雨でお気に入りのカバンや靴がびしょ濡れになった

 

・自転車でこけてケガをしてしまった

 

・財布を無くしてしまった

 

 

 

最悪だ・・・

 

やっちまった・・・

 

なんてこった・・・

 

 

毎日一生懸命生きていれば良くも悪くもたくさんのことを経験します

 

 

 

 

ですが起こってしまった事実を変えることはできません

 

そして当たり前ですが時間を戻すことはできません

 

ですのでいくら思い返しても

 

あの時こうしておけばよかったと思っても

 

起きた現実を無かったことにはできないのです

 

 

 

 

だからこそ

 

過去を振り返るのでは無く

 

これからをよくしていくことにフォーカスしていく方が良いし

 

その嫌な経験は次に活かすための『テスト(練習)』だったと思えば良いのです

 

じゃないとせっかくの嫌な経験が『嫌な経験として完結』してしまいます

 

 

 

 

 

ネガティブな経験を頭で考えてポジティブに変換させることができれば

 

それに越したことはありません

 

 

 

ですが

 

”考えれば考えるほどマイナスの方向にばかりいってしまう”

 

 

 

ちなみに

 

これは人の機能でもあるので落ち込まないでください

 

ご自分を悲観しないでください

 

人間も動物も自分たちの生命を守る為に元々ネガティブにできていますので

 

 

 

 

 

もし頭で考えてマイナスの方向ばかりいってしまうという時は

 

行動することがおすすめです

 

それも”自分を喜ばせる方法”で

 

 

 

一番簡単にできるところで言うと

 

・大好きな美味しいものを食べる

 

・お風呂に浸かる

 

・お気に入りの音楽に浸る

 

・不要なものを断捨離したり部屋の中をキレイにする

 

・前から気になっていた本当に欲しかったものを購入する

 

・体を動かし運を動かす

 

 

 

 

このようなことはすぐにできることなのではないでしょうか

 

 

 

もちろん気の合う仲間と一緒にいてワイワイ楽しいことをやるのも良いのかもしれませんが

 

できればひとりで”最高のひとり時間を満喫する”ということ

 

(ひとりで素の自分と向き合った方が雑念がなくてよいかと思います)

 

自分で”自分を喜ばせてあげること”が大切です

 

本当に自分が好きなことや幸せに感じることにフォーカスする状態を創るということです

 

 

 

 

その日起こったマイナスのことを覆すほど自分を喜ばせてあげてください

 

そうすることで

 

マイナスだった今日が少しずつプラスの今日に彩づいていきます

 

 

 

 

 

何事に関してもプラスとマイナスの面が存在します

 

ですが

 

自分の捉え方次第で

 

その事実はポジティブにもネガティブにも変換することができるのです

 

 

 

 

起こってしまった事実は変えることはできません

 

ですが

 

その捉え方は変えることができます

 

 

 

 

『事実よりも捉え方』

 

全ては自分次第です

 

 

 

 

ぜひ嫌なことが起きた日は良いことで塗り替えてみてくださいね

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です