1日5分が可能性を広げる

 

2021年現在、私は40代の人生を歩んでいる訳なのですが、

 

 

20代・30代のころにはなかった感覚が今あります。

 

 

それは、もっといろんなことを吸収しておけばよかったなって。

 

 

 

正直、20代・30代のころは、自分の人生の時間はまだまだあると思っていたし、なにも焦らなくても良いとすら思っていたし、なんならそこまで深く考えてもいなかった。

 

 

同じ歳の人や、同年代の人が様々な業界で活躍したり、稼いでいるのを見ていて、

 

 

『すごいな。』『できる人はできるんだな。』と、関心していた。確かに興味もあった 。

 

 

しかし、どこかで『自分には関係ない。』いや、正直にいうと『自分はそうはなれない。』と思っていて、ただ普段の生活を過ごし、特に大きな変化もない日々を過ごしていました。

 

 

 

昔に戻れるのなら、10代からでも若いうちから色々なことを勉強して経験をして、色々なことを吸収していたら、また違った人生を送っていたのかもしれない。

 

 

 

 

例えば、海外に興味があれば、海外へ留学したりといった触れてみてわかる世界観などを体感できたのかもしれない。

 

 

海外という知らない世界を知ることで、海外の言語や生活を体験することで、また違った感性や考え方や捉え方が備わっていたのかもしれない。

 

 

しかし、当時に戻って、もう一度やり直したいと思っても、時間を戻すことはできない。事実を変えることはできない。

 

 

1日24時間。これは、誰しもに与えられている同じ時間で止まることはない時間。

 

 

仕事をしたり、家事をしたり、家族で過ごしたり、遊んだり、休んだり、趣味を楽しんだりと様々な過ごし方がある。

 

 

思い通りにいかないこともあるし、思ってもいないことが起こることもあるし、辛いことや我慢していること。もちろん生きていると色々とあるかと思います。

 

 

 

 

私自身も色々と重なった時は、ストレスで精神的にまいってしまい、初めはお腹周りだけだった湿疹が、全身に発症し、精神科や皮膚科など複数の通院していた経験もあります。

 

心だけでは対処しきれないため、危険だよって、体に信号を出してきたということですね。(人の体は本当すごいですね)

 

 

 

このまま同じように過ごしていたら、同じような現実が訪れる。いや、というか、日々衰退していっている。

 

1日1日、自分の人生の終わりへ近づいていっている。

 

 

 

『このままでいいのか、自分の人生。』

 

 

 

そう思うようになってから、考え方が変わっていきました。

 

 

未来を変えるには、”未来から見て、今何をすべきなのか”というところが大切になっていく。

 

そのためには、まず「未来の自分がどうなりたいのかを導き出す」必要がある。

 

 

 

そのためには、1日のたった5分だけでもいいから、本当に自分が好きなことや、本当に望むものに関して、調べてみたり、体験してみたりといった「行動」をすることが本当に大切だな。とつくづく思います。

 

 

この1日たった5分だとしても、この小さな時間が、大きな気づきや、夢や目標を生み出すことに繋がるのです。

 

 

 

 

人は、どのタイミングで、また、どの瞬間で光が見えるかはわかりません。

 

しかし、この1日5分の行動が、意識を変え、アンテナを張ることになり、視野が広がり、可能性を広げてくれる。

 

いままで見えていなかったものが見えたり、気がつかなかったものに気がついたりといった現象を生み出すのです。

 

 

 

日々忙しい中、時間も限られていると思います。ですが、1日のどこかで時間を作り、本当に好きなことや本当に望むものにぜひ、時間を割いてみてください。

 

 

待っていても生まれません。誰も作ってくれません。時間は自分で作るものです。

 

 

未来をよくするために時間を捻出してみてください。

 

 


 

本当に好きなものや、本当に望むものがわからないといった場合は、自分棚卸しをおすすめします。

 

 

わからないといった時は、見えていないだけの可能性が高いです。答えは自分の中に必ずあります。

 

 

もし、何かご質問などございましたら、当サイトのお問い合わせページ、またはプロフィール欄のインスタグラム内の【公式ライン】か【DM】よりご遠慮なくご連絡ください。

 

 

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。本日も良い1日をお過ごしください。それではまた!

 

いいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。