将来のビジョンが立てれない理由と将来のビジョンを立てる方法

いきなりですが、

 

 

もし、あなたが「将来のビジョンが見えない!」と今思っていて、

 

 

将来のビジョンが立てれない理由。

 

 

 

きつい言葉かもしれません。

 

不快感を感じるかもしれません。

 

そして、見てて嫌な気分になるかもしれませんが、

 

逆に、そうゆう不快な感情を感じるときは、

 

何か自分が得れるチャンスでもあります。何もない時は、何も感じません。

 

 

 

ですので、もし不快に感じた時は、

「自分にとって何か気づくきっかけになる」と思ってこの先を見ていただきたいのですが・・・

 

 

 

言います。

 

 

 

 

 

将来のビジョンが立てれない理由。

 

 

それは、「今の現状に満足しているからです。」

 

 

 

 

 

「いやいや、今の状態に満足してないから将来のビジョンを立てたいと思ってるんでしょうよ!」

とお思いの方もいらっしゃるでしょう。

 

 

 

 

でも実は、無意識のうちに自分で自分にブレーキをかけているんです。

 

 

 

 

 

人には、『コンフォートゾーン』というものがあります。

 

 

コンフォートゾーンとは、

『自分自身が、ストレスや不安や恐れを感じることなく、安全に快適に過ごせる環境』

のことです。

 

 

人ぞれぞれ自分のコンフォートゾーンを持っています。

 

 

 

ここでは、「自分が心地いいと感じる環境」としておきましょう。

 

 

 

将来のビジョンを立てられないのは、

このコンフォートゾーンが、将来のビジョンを立てるブレーキの役目をしてしまうのです。

 

 

 

 

 

将来こうなりたい、こんなことをしたい。

 

 

 

わかります。

 

 

 

でもどこかで、この「今の現状が心地いいと感じている」から、

 

 

 

将来のビジョンが弱くなり、強く見えてこないのです。

 

 

 

広くはないけど、住むところもある。

 

贅沢はできないけれど、ごはんも食べれている。

 

高いものは買えないけど、着るものも着れている。・・・

 

 

 

人それぞれ持っているものも生活レベルも違いますが、

 

 

満足しているところがそれぞれある。

 

 

 

そして、人間は今の現状(コンフォートゾーン)から変わる(抜け出す)ということに、

違和感を感じ、居心地が悪くなることを恐れてしまうのです。

 

 

そのため、無意識に自分の現状を変えようとしない。

 

 

 

 

で、ここからが大切で、

 

 

「そのままだと、これから先もそのままです。」

か、もしくは、

「減衰していく恐れもあります。」

 

 

 

変わりたい!もっと豊かな人生を送りたい!

と本気で思うのであれば、自分の意思で変えていかなければならないのです。

 

 

 

ここから先は、自分の将来のために、

将来のビジョンを立てて本当に変わりたいという方だけ見ていただけたらいいと思います。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

正直、満足している状態では、

 

将来のビジョンは見えてこないということ。

 

ここまでは、なんとなくお分かりいただけたかと思います。

 

 

 

 

ではここから、

 

 

どうやって、将来のビジョンを立てていくのか。

 

 

〜将来のビジョンの立て方〜

 

 

について触れていきたいと思います。

 

 

 

 

 

あ、もし、喉が乾いてたら、ここで一度、喉を潤してくださいね^^

 

 

 

 

 

 

 

ではいきます。

 

 

 

将来のビジョンを立てるには、

 

 

今の現状を見て、今後どうしていくのかを確認します。

 

 

ポイントは、『具体的により細かく』です。

 

 

 

紙とペンか、もしくはメモアプリなどをご用意ください。

後で見返せるものがおすすめです。

 

 

まず、

①今の状態で満足していることを、

『具体的により細かく』書いてください。

 

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

②今の状態がこのまま続くと、どうなって、どんなリスクがあるのかを、

『具体的により細かく』書いてください。

 

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

③それを見て、どうしたい、どうなりたいかを、

『具体的により細かく』書いてください。

 

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

④それを叶えるためにはどうすれば、どんな行動をすればいいのかを、

『具体的により細かく』書いてください。

 

 

 

ある程度でたなぁと思ったら、

 

 

③それを見て、どうしたい、どうなりたいかを、

 

 

もう一度、そのもっと奥の方から引っ張りだしてください!

 

 

まだあります!

 

 

あなたの中には、まだあります!!

 

 

その奥の方にあるものの方が本当に大切な思いだったりします。

 

 

ほじくり出してください!!

 

 

あなたの深いレベルではそれを望んでいるかもしれません。

 

 

 

 

そして、もう一度、

④それを叶えるためにはどうすれば、どんな行動をすればいいのか、

 

をさらに書き足してください。

 

 

そして、どんな行動をすればいいのかがわかれば、

 

 

それをひたすらやるんです。

 

 

行動を起こすんです。起こさないと、何一つ変わりません。

 

 

そのひとつの行動がまた次の行動に繋がります。

 

 

例えば、本を読まないといけないと思わずに、

 

 

とりあえず、本を開くことから始めてください。

 

 

開くだけでいいです。

 

 

すると、1ページだけでも読んでみようかな?とか、

 

 

次の行動に移ることができるきっかけができます。

 

 

ほんと小さなことが大きなことに繋がります。

 

 

 

 

 

ちなみに具体的に、細かく書く。というのは理由があって、

 

 

大きく考えているということは、大きくしか捉えることしかできません。

 

 

そして、どうしても、大きく行動しなくては。

 

 

と考えがちです。

 

 

そして、大きな行動には、大きな不安とや大きな決断が必要だったりします。

 

 

すると、自分の中のどこかがブレーキをかけ、行動につながりにくくなります。

 

 

 

そうではなく、自分の感じていることを具体的に細かく絞り出すことで、

 

 

具体的な気づきや、すぐに動きやすい細かい行動が、見えてくるのです。

 

 

 

ここから覚悟をして目標を決めてください。

 

そして行動をしてください。

 

ひとつずつ、一歩一歩です。

 

ひとつずつ、一歩ずつの行動が、大きな成果として本当に必ず自分に返ってきます。

 

 

一緒に、

最っっっっつ高ぉーーーの自分の人生にしましょう!!!

いいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。