偽善者の自分を変える

私は、今まで偽善的な行動をしているのではないか?

 

 

 

いい格好していないか?

 

 

 

自分の感情に正直に生きているか?

 

 

 

 

 

もしそうだとしたら、変わらなければならない。

 

 

 

このままではダメだと思うのであれば、

 

 

 

ただ、変わるしかない。

 

 

 

 

 

 

たとえば、あなたの思う良い社員ってどんなイメージですか?

 

・上司に言うことをなんでも聞いて上司の言う通りにする人

・会社の飲み会には必ず参加する人

・一生懸命上司を持ち上げ、気を使い、笑いを取るのに必死で愛想を振りまく人

・定時までちゃんと仕事をして、やる事はやっているのに、周りの社員が帰らないからといって、自分だけ帰るのは悪いからと、仕事しているフリをしてダラダラと会社に残っている…

などなど・・・

 

 

もしこれが良い社員だと思っているのであれば、この先あなたの人生は何も変わらない可能性が大きいです。

 

 

変わらないどころか、減退していくだけでしょう。

 

 

 

私が思う本当に良い社員というのは

 

・お客様に価値を提供できる

・しっかりと結果を出す

・時間内にきっちりと仕事を終わらせて帰る

・自分の時間を大切にする

 

という人だと思います。

 

 

 

会社員だとしたら、もちろん会社の売り上げからお給料を頂いています。

 

 

 

会社の売り上げは、会社が提供した価値との交換として、お客様がお金を払います。

 

 

 

つまり社員の頑張りの結果として、売り上げとして表されます。

 

 

 

 

 

やっているつもりではダメであって、短い時間であっても結果を出す事が大切。

 

 

 

たとえば、1日8時間頑張ったといっても結果につながらないと意味がない。

 

 

 

決して長い時間働いている人間が、えらいという事ではないということ。

 

 

 

あくまでも結果を出す人が認められる。

 

 

 

費やした時間ではなく、結果にフォーカスする事が本当に大切。

 

 

 

 

 

行動して、結果を出していかないといけない。

 

 

 

そうしないと、簡単につぶれてしまう。本当に簡単に。

 

 

 

 

 

そして、行動して、結果を出していくには、偽善者ではいけない。

 

 

 

偽善者の自分を変える必要がある。

 

 

 

その場の環境に流されるような人間ではいけない。

 

 

 

 

 

自分を持ち、自分軸で行動することで変えていく必要がある。

 

 

 

 

いいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。