幸せなお金持ちと不幸なお金持ち

世の中には、幸せなお金持ちと不幸なお金持ちがいる。

 

 

幸せなお金持ちは、それはそれは幸せ。

 

 

お金も豊かで、心も豊か。

 

 

自由なお金と時間、健康で精神状態も良好。

 

 

つまり人間的に充実しているということ。

 

 

しかし、世の中には不幸なお金持ちもいる。

 

 

お金を持っているのになんで不幸なんだ?

 

 

お金があったら幸せだろう!

 

 

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

 

不幸なお金持ちは実際に存在するのです。

 

 

 

 

不幸なお金持ちは、字のごとくお金はあるのに不幸を感じている。

 

 

お金はある。有り余るほどあるんだけど、お金の本来の使い方を知らない。

 

 

幸せになるはずのお金の使い方がズレてる。

 

 

 

 

 

お金持ちになるのはいいこと。

 

 

人はお金で価値を買い、経験を買う。

 

 

そして自分や家族を守るために大切なモノでもある。

 

 

いつ、どこで、誰と、何をしているのか。

 

 

どんなことをして、どんな風な人生を歩むのか。

 

 

お金は必須と言っても良いだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

お金持ちになるまではいい。

 

 

でも、お金の使い方を間違えたらある意味人生が狂い始める。

 

 

 

 

 

そんな不幸なお金持ちになる人には共通点がある。

 

 

それは、お金は自分の力だけで稼いだと勘違いする。

 

 

人に感謝の心を持たず、自分だけの利益にするような人は見事なぐらいに、不幸になる。

 

 

災難が訪れるとでも言っておいた方が良いかもしれない。

 

 

人に感謝をしないことから、人にも感謝されなくなる。

 

 

信頼していないから、信頼されない。

 

 

だから結果、裏切られることも。

 

 

人間関係も悪化していく。仕事関係にも家庭内にも不流が起こる。

 

 

間違ったお金の使い方をしたせいで、お金にも嫌われる。

 

 

結果、一文無しになる。

 

 

 

 

 

 

金に切れ目は、縁の切れ目とはよく言うもんで、本当にそうなる。

 

 

そして、最期は孤独になる。

 

 

自分の人生を噛み締めながら・・・

 

 

 

ひとりぼっちの状態で最期を迎えるのは、想像しただけでツラい。

 

 

 

 

 

〜幸せなお金持ちと不幸なお金持ち 私は幸せなお金持ちである〜

と言える人で在りたい。

いいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。