好きな人と苦手な人のパワー

どうでしょうか?いらっしゃいますか?あなたにとって好きな人や苦手な人。

 

 

同性や異性関係なく、この人とは気が合うな〜とか、なんかこの人憎めないな〜とか。

人間的になんか好きだな〜とか、なんだかこの人といると無言の時間があっても平気だな〜とか。

 

 

 

逆に、何をするにもこの人とは気が合わないなとか、この人はなんでこんなこと言ったりするんだろうとか。

この人いつも人の悪口ばっかり言ってんなとか、この人との二人っきりの空間は苦手だなとか。

 

 

 

人間やっぱりあると思います。合う合わないという関係性が。

 

 

中にはもちろん好きな人や苦手な人などと特に感じない、という人もいらっしゃるでしょう。

 

 

私自身、今まで仕事柄ということもあり様々な人と接してきました。

 

 

そして、いろいろな人を見てきました。

 

 

もちろんひとりひとり違います。同じ人は1人としていません。

 

 

一字一句まったく同じことを言って伝えても、聞く側にとって感じ方や受け取り方も違いますし、吸収力や理解の仕方も違います。

 

 

本当にいろいろな方がいらっしゃいます。

 

 

 

 

そうしてこうして今までいろんな方と接してきて、わかったことがあるのです。

 

 

それは、「好きな人と苦手な人、誰といるかによって、自分のパワーの発揮力が変わってくる」ということ。

 

 

 

少し抽象的な表現になってしまうかもしれませんが、

 

 

まず、苦手な人と接したり、苦手な人を相手にすることってむちゃくちゃパワーを使います。

 

 

神経を使ったり、言葉にも気を使ったり、とにかく自分が自分らしく落ち着いていられません。

 

 

究極いうと、この人といる自分の時間すらもったいないとも感じてきてしまいます。

 

 

たとえばそんな状況の中、その苦手な人と何かをやるとなったときに、

 

 

自分はなんとかがんばって100のパワーを使ったとします。

 

 

しかし、結果は10だったりします。

 

 

 

 

ところが、好きな人といると、10のパワーが簡単に100になったりするのです。

 

 

それもまったく「苦」ではなく、自然に楽に。

 

 

そしてどんどんパワーがみなぎり、10のパワーで抑えきれなくなり、ついつい100のパワーを「楽しく」出しちゃいます。

 

 

100のパワーが1000にもなります。

 

 

同じ100のパワーでも好きな人と苦手な人といるのでは、まったく違うパワーになるということなんです。

 

 

つまり、自分が誰といるかということによって自分の結果も充実度も変わってくるということ。

 

 

それぐらい好きな人といるということは重要なんだと気付きました。

 

 

正直、経験上苦手だった人が好きな人になったという経験もありますので一概には言えませんが、

 

 

出来る限り、自分が好きだと感じる人と一緒にいる方が幸せになれるでしょう。

 

 

無理して苦手な人と一緒に過ごす必要はないと思います。

 

 

好きな人に囲まれた方が絶対に良いし、

 

 

自分が心地いいって感じる方を選択して、進んでいくことが自分の幸せに確実に近づいていくと心からそう思います。

 

 

 

 

いいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です