いきなり勝手な持論ですが、

「自分自身に対して愛が溢れている人は、人に対して悪いことはしない。」

 

なぜなら、自分をちゃんと愛している人は、自分も周りも大切にできる人だから。

 

 

 

個人的に愛って、いろんな形や関係性があると思っていて、

 

自分からとてつもなく「愛する」こともあれば、相手からとてつもなく「愛される」こともある。

 

家族・恋人・友人を始めとした、多種多様な「愛」がある。

 

 

愛って、本当に素晴らしい。

 

 

人は愛が足りないと、スネたり、グレたり、機嫌が悪くなったり。。。

 

時にはケンカやいざこざなど、思ってもいないことに発展してしまうことも・・・。

 

 

でもこうやって気分が悪くなることって、

 

ある意味、本当の自分を見失ってしまうということに繋がっている気がする。

 

 

 

さみしいんですよ。ただ、さみしいんです。

 

 

 

 

年齢なんて関係ない。

 

人間も動物も関係ない。

 

それぞれ、ひとつひとつのオリジナルな愛がある。

 

他と比べるモノでもない。

 

 

 

小っ恥ずかしいけど正直、ずっと愛を感じていたい。

 

愛したいし愛されたい。

 

愛を感じることで’’自分の存在’’を感じることができ、’’相手の存在’’も感じることができる。

 

そして、愛を感じることで自分や相手の’’価値’’を感じることができる。

 

 

誰にも愛されないより、誰かに愛されている方がやっぱり心の充実度が違う。

 

自分はここにいるんだなぁって。

 

自分はがんばれるんだなぁって。

 

 

 

愛されるから愛したい。

 

愛してるから愛される。

 

 

 

 

愛しましょう。

 

 

ただ素直に愛せるものに、もっともっと愛を注ぎましょう。

 

 

感謝と愛を。

 

 

 

 

なんだか今この記事を書きながらふわ〜っと幸せな気分になってきました。

 

 

 

 

すみません。。。ちょっとこのまま幸せに浸ります。。。

 

 

 

いいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。