この先変えられるのは相手ではなく自分の未来

相手に、

「もっとこうして欲しい」

 

「なんでしてくれないの」

 

といったものって、

 

いわば自分が相手に対して勝手に期待して、そうならないからそう思っているだけで、決して相手が悪いわけでもなんでもない状態。

 

 

 

操れないものを操ろうとしても無駄であって、操ろうとすること自体おかしな話なんですよね。

 

 

特に相手の心なんて操れないし、操る必要すらない。

 

 

それぞれの価値や基準も違うし、合わせる必要もない。それが個性。

 

 

自分が相手のことをどう思おうと自由だし、相手が自分のことをどう思おうと自由。

 

 

相手に嫌われたくない。とか思う必要も実はなくて、

 

 

相手が自分を嫌うかどうかは、自分が決めることではなくて、相手が決めること。

 

 

お互いに必要で繋がる人は繋がるし、繋がり続けるし、そうでない人は離れていく。

 

 

 

相手の期待を満たすために生きているわけでもないし、

 

相手も自分の期待を満たすために生きているのではない。

 

 

 

人に嫌われたくないという生き方をベースにしていると、他者あっての自分の言動や行動となります。

 

 

周りの目や意見や空気感が気になり、本当はこう思っている。こうしたいのに、それを出したら嫌がられるかもしれない。嫌われるかもしれない。

 

 

これって、相手から嫌われにくいという状態を創っているかと思いきや、周りに嫌われたくないがために、気を使い続けて、結局自分がしんどくなるパターン。

(私がそうでした・・・笑)

 

 

つまり、本来の自分が出せていないということ。

 

 

自分に正直に生きていないから、結局自分で自分の首を絞めていることになります。

 

 

 

 

どうでしょう?”自分をさらけ出せる人と一緒にいる時”が、なんでも話せて、本来の自分が出ていませんか?

 

 

 

 

これは余談ですが、

もし、好きな人や気になる人がいて、その人と良い関係になりたいのであれば、

 

あなたのことを、相手が「この人といると、自分のことをさらけだせる」と思ってもらえたら、

 

グッと近づく可能性は大きいでしょう。

 

 

 

ちょっと話はずれましたが、

 

 

自分らしく生きることが大切で、そんな本当の自分を出すことで、

 

 

自分にとって本当に大切な人や仲間と繋がることができるのです。

 

 

自分が自分らしくいられる環境って、最高です。

 

 

もし今、自分らしさを出せていないとしても安心してください。

 

 

私のように、手放せます。変われます。

 

 

 

 

相手を変えることはできないし、しない。

 

 

この先、変えられるのは、自分と自分の内側。そして、自分の未来。

 

 

 

それでは、また!

いいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です