相手を変えるのではなく選択肢を増やしてあげる

僕自身にも当てはまる部分がありますが、自分の心の状態や精神状態によって、

 

そして、自分の当たり前によって、

 

 

”見えていないだけ”

”気づいていないだけ”

 

ということがとても多い。

 

 

実は、良いものを持っているけど、自分ではそれが当たり前すぎて特別なものには見えないし、感じていない。

 

 

しかし、他者からみたらそれって、とても魅力的で羨ましいものだったりすることもある。

 

 

 

実はこうゆうところに自分を好転させるヒントが転がっている。

 

 

『意外とやってみたら周りの人より上手くできた』

 

『人が言うほど、つまらなくもないし、苦にもならない』

 

『こんなことで喜んでくれるのか』

 

 

 

 

人はそれぞれ感じ方も違うし、好き嫌いも違う。

 

そして、何かしらの得意・不得意もある。

 

 

でも自分が自分のそこに気づいているか・気づけているかによって、選択肢の幅が変わってきます。

 

 

選択肢が広がると、やりたいことが見えてくる。そして、やりたいことが増えてくる。

 

逆に、やりたくないことや、やらなくていいことも見えてくる。

 

 

 

選択肢が広がると、自分に一番良いものを選択しやすくなる環境が生まれる。

 

自分に一番良いものを選択することで、良い状態の自分を創ることにも繋がる。

 

 

 

 

自分が良い状態の時と、そうでない時の物事の見え方や進み方はぜんぜん違う。

 

良い状態の自分でいる時というのは、良い自分のエネルギーを放ち続けている。

 

話し方や、話す内容。声のトーンや顔の表情。身振り手振り。

 

考え方や捉え方も変わるし、新たな発見に気づいたりもする。

 

そして、自分に余裕が生まれる。

 

 

 

 

良い状態の自分は、周りにもどんどん伝染し、影響していく。

 

そしていつの間にか、周りの人をも良い状態へ導いたりと知らないうちに貢献している。

 

これがまた、自分にも返ってくる。

 

 

 

誰かの人生に何かを言う必要はないし、人と比べる必要もない。

 

何を受け取るか、受け取らないかは人それぞれ。

 

 

 

相手を変えることなんて難しいし、無理矢理変えようとしても変わるものでもない。

 

だから、

 

相手を変えようとするのではなくて、

 

「相手に気づかさせてあげること」

 

「相手に選択肢を増やしてあげること」

 

 

それで、選択肢が広がり、自然と変わっていくきっかけを掴んで変化していく。

 

 

これが、私たちのできることじゃないかなと思います。

 

 

いいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です