階段

階段。

 

登る階段の種類も、スピードも、タイミングも、人それぞれ。

 

 

 

広い階段を選ぶ人もいれば、

 

細く長い階段を選ぶ人もいる。

 

 

 

一段ずつ慎重に登る人もいれば、

 

一段、二段と飛ばして登る人もいる。

 

 

 

はたまた、

 

同じ「A」階段だけ登る人もいれば、

 

フロアで分けて「B」や「C」の階段を使い分ける人もいる。

 

 

 

人によって、目的地まで行くための手段は様々。

 

 

 

 

1階から見る景色と、50階から見る景色はまったく違う。

 

上がれば上がるほど、見え方も見える範囲も変わってくる。

 

 

 

行ったものにしかわからない。

 

見たものにしかわからない。

 

 

 

もし、より高い場所から見たいのであれば、登る必要がある。

 

登ると決める必要がある。行動する必要がある。

 

 

 

自分で自分の人生を変えていくためには、

 

変わりたくないと思っている本能を動かしていく必要がある。

 

 

 

 

人は皆変わりたくないという機能を持っている。

 

行動を起こすことで、

 

嫌われるかもしれない。

 

批判されるかもしれない。

 

不安が募るかもしれない。

 

 

 

それは、今の安心安全の領域があるから。

 

だから変わることが怖いし、苦手。

 

 

 

しかし、そこをクリアすることで、新しい景色を見ることに繋がる。

 

 

 

時には、息を切らし

時には、足取り重く

時には、つまづきながら

時には、手すりを持ち

時には、体制を整えながら

 

登る階段。

 

 

 

階段とは、高さの異なる場所を繋ぐもの。

 

 

 

登った分だけ、

 

段階が変わってくる。

 

 

登った分だけ、

 

違う景色が見えてくる。

 

 

 

 

 

 

去年から抱いている悩みを、今も抱いているかもしれません。

 

 

今抱いている悩みを、来年また抱いている可能性もあります。

 

 

来年は、一歩進んだところで違う悩みに変えたいのであれば、

 

 

決める勇気を持つことは大切。

 

 

 

 

視座高く、視野広く。

 

 

登ったそこで、何を思うのだろう。

 

 

それまでの自分を振り返って何を思うのだろう。

 

 

自分で自分の選択を。

いいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です