自分に対する何かしらのメッセージに気づくことが大切

 

体の痛みや不調が現れた時は、

 

自分に対する何かしらのメッセージの場合が多いです。

 

自分が思っていることのより、深い部分の自分の本心と現実とのギャップに

 

心だけでは処理できなくなり、

 

体へのメッセージとして、痛みや不調を現します。

 

 

 

『本当は、こうしたかった』

 

『本当は、ここまで望んでいなかった』

 

『本当は、もっと気楽に楽しみたかっただけ』

 

 

 

表面上の現実と周囲との関係。

 

心の奥の自分の本当の感情。

 

メッセージは全て自分のために起きています。

 

自分に気づかさせるために起きています。

 

 

 

だからこそ、何か不調を感じた時は、

 

周りなんか気にせずに、じっくりと自分を見つめてください。

 

自分で抱えきれなければ、信頼できる人を頼ってください。

 

 

 

もっと頼っていいんです。

 

もっと甘えていいんです。

 

もっとさらけ出していいんです。

 

 

 

といっても、誰にも相談できない現状ってあると思います。

 

ものすごくわかります。

 

『こんなこと相談したら恥ずかしい』

 

『こんな自分しかわからないことを相談しても、相手にはわからないだろう』

 

『こんなこと相談したら、どう思われるだろう。情けないやつ、弱いやつと思われるかな』

 

私自身、このような感じでしたから。

 

 

 

変なプライドというか、弱いやつと思われたくないし、頼るというよりは、頼られる存在でいたい。

 

「しっかりしている自分でいないといけない」という思い。

 

ずっとそんな緊張した、張り詰めた状態でいると、

 

約2ヶ月間続いたひどい腰痛、上半身の皮膚の炎症とかゆみ、急な右目の視力の低下、ついさっきのことが思い出せない・・・

 

カラダはしっかりと僕にメッセージを送っていました。

 

 

 

ただ疲れているんだろうと、そのまま本当の自分の気持ちを押し殺して過ごしていたら、

 

ココロの方がおかしくなりました。

 

ココロがおかしくなると、もうカラダもいうことを聞いてくれません。

 

『もっと、はやく自分を見つめればよかった・・・』

 

周りばっかり気にして、結局自分のことを見れていなかったと気づきました。

 

 

 

自分で気づくことができる状態なら、一度自分以外のことを一旦横に置いて、

 

自分をゆっくりとじっくりと見つめてください。

 

 

 

周りからよく思われようとしていないか。

 

自分の意見よりより相手の意見を取り入れていないか。

 

自分は本当はどうしたいのか。

 

心の声はなんて言っているのか。

 

 

 

少しの時間でもスマホの電源を切って

 

周りの全てを遮断して

 

目をつむって

 

ゆっくり呼吸して

 

周りのことは考えず

 

自分で自分に問いかけるように

 

自分の中の自分と話してみてください

 

わすれそうなら紙に書き出してもよいと思います

 

自分がやりやすい形で

 

 

 

ぜひ

 

そんな自分時間をとってみてください

 

メッセージをキャッチするのは他の誰でもない自分自身ですよ

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です